職員インタビュー

愛厚半田の里で働く職員(管理職)のインタビューをお届けします。

 

愛厚半田の里 主査(サービス管理責任者) 鴻巣(2003年入職)

現在の職位と担当しているお仕事について教えて下さい

現在は、主査 サービス管理責任者を担当しています。サービス管理責任者は、支援プロセスの管理に関すること、サービス提供者への助言等に関すること、関係者や関係機関の連携に関すること等の支援の中心となる部分の役割を担っています。
利用者様本人がいきいきと楽しくその人らしい生活ができるように、ご本人中心の支援を検討し利用者様の夢の実現、課題の達成を目指しています。

管理職として働くことの魅力を教えて下さい

支援方法や支援方針等を決める時には自分の判断や権限が認められているため、責任も伴いますが早く新しいことにチャレンジができる。支援者へのアドバイスや計画を立てること等大変なことはありますが、同じ目標に向かって支援を行い達成することで支援者も成長し、チームとしても成長を感じられるのが大きな魅力だと思います。
また、支援だけではなく施設運営の分野にも関わり、これまで知らなかったことや意識していなかったことも知ることができ色々な知識を得て視野を広がり自分の成長にも繋がった。

愛厚だから叶えられる福祉、あなたの夢を教えて下さい

高齢者や障害者だけでなく社会環境や生活スタイルが変化し、福祉や支援を必要とする人達が増えている。福祉や支援を必要とする方、困っている人達が幸せに安心して生活ができるように幅広い福祉分野に携わっている愛厚の役割はとても重要になっている。愛厚ならスケールメリットを活かし誰もが普通に幸せに暮らせる社会を築くことができる。その中で困っている人や助けを求められない人達の声に耳を傾け笑顔で生活ができるような支援をしていきたい。また、利用者様一人ひとりの夢や思いを大切にし利用者様の夢や思いを叶え、笑顔あふれる愛厚にしていきたい。

愛厚で未来の介護を共創する、意気込みを聞かせて下さい

介護ロボット等も導入され始めていますが、それでも人と人とが繋がり、支えあうことは変わらないと思います。また、地域からも様々な課題の解決や役割も求められますが、課題に共に向き合い解決し新たな価値を生み出せるようにしていきたい。そのために、利用者様一人ひとりのおもいに耳を傾け向き合い愛厚で生活ができて良かったと思えるような施設づくり、ご家族や地域からも信頼される施設づくりをしていきたいと思う。また、地域共生社会の実現に貢献できる愛厚の一員として、社会づくりや地域づくりにも積極的に参加し社会貢献していきたい。

福祉業界で活躍したい人たちへ、一言

福祉の仕事は、身体的にも精神的にも負担のある仕事のイメージがあると思います。確かに楽な仕事ではありません。利用者様の夢や思いに応えようと支援をしても失敗することもありますが、福祉の仕事は何度もチャレンジができる仕事です。チャレンジして利用者様の笑顔や成長が見られた時の達成感は忘れられません。また、利用者様の成長は自分自身の成長にも繋がるので仕事への喜びを感じることができます。ともに成長し、一緒に喜びを分かち合える職場です。ぜひ福祉業界で一緒に働きましょう。

求人エントリーフォーム

マイナビ

 

リクナビ

 

よくあるご質問はこちら

TOP