職員インタビュー

愛厚ホーム小牧苑で働く職員(管理職)のインタビューをお届けします。

 

愛厚ホーム小牧苑 次長 根本(1999年入職)

現在の職位と担当しているお仕事について教えて下さい

小牧苑では、次長の職を担っています。主には苑長の補佐として、苑長と職員との橋渡しの業務や、様々な職種間の調整、防災や介護事故等のリスクマネジメントや職員の採用、地域とのつながりなど、苑全体を管理する業務を担っています。次長の業務は小牧苑のご利用者様が安心、安全に生活できるよう、サポートしていく仕事と考えています。

管理職として働くことの魅力を教えて下さい

次長としては、まだ2年目です。苑長をはじめ周りのスタッフに支えてもらっています。普段は苑長と職員との懸け橋となるよう、心掛けています。苑全体を把握しながら、社会全体の状況をみて、今後どのような方向に向かって行けばよいのかを職員みんなと考えていくこと。ご利用者様や家族から感謝の言葉をいただけることが一番やりがいを感じます。

愛厚だから叶えられる福祉、あなたの夢を教えて下さい

当法人は愛知県内の様々な場所に多様な種別の施設があるので、それぞれの興味にあった福祉を担うことができると思います。また研修も充実しており、多種多様な仕事をできるチャンスがあると思っています。小牧苑で働く職員がやりがいを持って働きやすいよう、環境を整え、サポートしていきたいです。

愛厚で未来の介護を共創する、意気込みを聞かせて下さい

当法人は長い歴史があり、豊富な経験や知識、人材があります。その財産を生かしながら、ご利用者様にも喜ばれ、職員もやりがいを見いだせられるような福祉を共に作っていきたい。

福祉業界で活躍したい人たちへ、一言

福祉と言ってもその中には様々な分野があります。そこで1つのことを極めていくことも、様々な分野を経験していくのも、それぞれ皆さんの考え方で自由に選択していける法人であると考えます。これからも目まぐるしく変わっていく福祉業界で一緒に頑張っていきましょう。

求人エントリーフォーム

マイナビ

 

リクナビ

 

よくあるご質問はこちら

TOP